賃貸で安全性を重視するなら?選び方のポイント

男性でも1階は避けたほうがいい?

女性はマンション・アパートの1階は避けると言われています。1階は下着泥棒やストーカーの被害にあいやすいからです。男性の場合でも、安全性を重視するなら1階は避けたほうが無難でしょう。男性だから絶対に下着泥棒やストーカーの被害にあわないとは言えません。一般的に、1階は家賃が低く設定されています。大家さんによってはそのような部分を気にしておらず、1階でも2階以上でも同じ家賃に設定されている場合がありますので気をつけておきましょう。1階に住むことのメリットの1つは家賃が2階以上よりも安く設定されている傾向があるということですが、そのメリットがない場合にはあまりおすすめができません。逆に、家賃が大きく安くなっている場合には1階を選ぶメリットも増加するでしょう。

家賃も安全性のうちの1つ

安全性や防犯性を重視していると、どうしても家賃が高めになってしまう傾向があります。条件をつけるほど選択肢は少なくなっていき、家賃が高い物件を紹介されてしまう可能性が上がるからです。家賃を滞納せずに支払えるということも安全性のうちの1つです。家賃が払えなくなって追い出されることになったら、その賃貸は別の意味で安全であるとは言えません。部屋の広さ、エリア、駅からの距離など賃貸選びではさまざまなポイントが重視されますが、そのうちで譲れない部分と妥協してもいい部分を分けておきましょう。妥協してもいい部分は妥協をすることで家賃を下げることにつながります。

登別の賃貸は基本的に大手賃貸物件サイトでもカバーがされています。一部、局地的な物件は地元の不動産業者しか扱っていないケースがあるので、網羅したい方はそちらもチェックしましょう。