失敗しない!注文住宅会社の選び方2つを紹介!

注文住宅購入で陥りやすい失敗とは?

注文住宅の購入には、建売住宅やマンションの購入とは異なる失敗があります。
注文住宅の失敗で多いのは、完成した住宅が自分のイメージと違ったというケースです。自分のイメージを伝えきれていないことで、自分のイメージとは異なる家に住むことになる可能性があります。
次に多い失敗として、同じサービス内容でも他社の方がお得だったというケースです。住宅の購入は、素人にはわかりにくいこともたくさんあります。そのため、一社の営業担当の話をうのみにしてしまい、言われるがままに契約を結んでしまうことが多々あります。

注文住宅会社の失敗しない選び方とは?

失敗しない注文住宅会社選びの方法を2つ紹介します。
1つ目の方法は、営業担当のコミュニケーション力や住宅に対する知識をしっかりと見極めることです。実際に家を造るのは営業担当ではありません。ですが、営業担当はデザイナーや設計士、現場の大工さんの窓口となって、購入者が満足する住宅を完成させなければいけません。営業担当とコミュニケーションが取れるかは非常に重要です。凄腕の営業担当は、購入者の趣味や嗜好から、イメージする家を的確に設計士に伝えることができます。また、家に関する知識も豊富でないと、具体的なイメージを伝えることはできません。
2つ目の方法は、他社と相見積もりをとることです。「この会社にお願いしよう。」と思っていても、他者で見積もりをとって比較することはおすすめです。よりお得なプランや自分の好みに合った注文住宅が造れる会社を発見できるかもしれません。それだけでなく、現在メインで話を進めている会社に「他社はこのようなプランを提示している。」と示すことで値下げに成功したという体験談もありますよ。

3000万の家なら、3階建ての木造が建てることができます。予算に余裕があるので、壁紙や床に使う材料にこだわることも難しくないでしょう。