一戸建て住宅の購入で必要なローンはどうする

家だけでなく返済も大切です

夢の一戸建て住宅をこれから購入しようと考えている人にとって、どんな一戸建て住宅を購入しようか、楽しみながら検討するわけですが、家のことだけでなく住宅ローンもとても重要です。多くの人は住宅ローンでどこかの金融機関からお金を借り入れてマイホームを買います。頭金がどれくらい用意できるかにより、住宅ローンでの借入額は大きく異なりますが、いずれにしてもお金を借りてマイホームを購入することになるため、住宅ローンも真剣に検討しましょう。マイホームを購入する時にお世話になる不動産会社への相談が大切です。不動産会社は家の情報提供、土地の情報提供だけでなく、住宅ローンに関しても相談できます。さらに、不動産会社によって提携している金融機関があるため、通常の店頭金利よりも低い金利で住宅ローンを組むこともできます。

返済額と年数を決定する

住宅ローンの検討をするときに、最大いくらまで自分の収入能力では借りることができるのか、これを気にする人は多いです。しかし、最大いくらまで借りることができるかよりも、毎月苦しくない返済額はいくらなのか、何年かけて返済したいのかを先に設定します。これを計算すれば、いくら借りることができるかがわかりますので、ここで算出した金額と用意できる頭金を足した額で買える家を探すのが良いでしょう。これなら、マイホームを購入した後の返済も厳しい状態ではなくなるため、安定した暮らしができます。また、住宅ローンで大切な繰り上げ返済での手数料等についても確認しておきます。

国立の戸建てで新築を購入する場合、土地の面積が100平方メートル前後で4LDK4千万円台から5千万円台になります。駅までは徒歩15分前後です。