どうしたら戸建てのコストコントロールができる?

同じ延べ床面積でも値段が変わる!?

家の形でコストは変わっていきます。長方形のお家と正方形のお家、実は同じ面積でもかかるお金が違います。
極端に言うと1×4mの長方形の家と、2×2mの正方形の家があるとすると、面積は同じになりますよね。でも、長方形の家のほうがコストが高くなります。
それは、長方形の場合、一辺の長さをすべて足すと1+1+4+4=10となります。一方で正方形の場合は2+2+2+2=8ですよね。家のコストは、一辺の長さをすべて足した数が多いほど高くなってしまうのです。
そのため、たとえば2階建ての家をたてる場合、総2階建ての家よりもコの字の形をしたような家のほうが費用がかかってしまいます。なのでコストを抑えたい場合は複雑な形よりも、シンプルな形の家にするのがベターです。

水回りや収納などをまとめて一箇所に!

給排水管などの設備の節約になるため、お風呂や洗面所、トイレなどの水回りは別々の場所に配置するよりも、一箇所にまとめたほうがコスト削減できます。また家事動線や、後々のメンテナンスのことを考えてもメリットがあります。同じように、収納も各部屋に小さい収納をたくさん作るよりも、ファミリークローゼットなどのまとまった収納スペースを作るほうが、建具や棚の費用を抑えることができるためコストダウンに繋がります。さらに言えば、小さな窓がたくさんあるより、大きな窓を一箇所設けたほうが節約できます。このように、小さなものをたくさんつけるよりも、まとめて大きなものを一箇所にするのが良いと言えます。

国分寺の戸建て住宅の価格相場は概ね4,000万円から5,500万円で、中央線沿線のため多摩地域の中では高めです。緑豊かな武蔵野の街並みに調和した、庭付き2階建ての物件が多いです。