オフィスの色彩がパフォーマンスに影響する?あなたが借りるべきオフィスの色彩とは

色と仕事の関係とは?

もしあなたが仕事をしている時、オフィスの色彩が、あなたの仕事にそぐわない色であったらどうでしょう?たとえば病院の壁紙が紫色であったら、そんな病院には2度と行きたくないはずです。(極端な例ではありますが…)逆に、色と仕事が合えば、気持ちよく作業できるのではないでしょうか。色はそれぞれイメージや心理効果を持つことは知られています。あなたの仕事と色を合わせることは非常に大切であると思いますので、ここでは色のイメージや心理効果とそれに合う仕事について見ていきたいと思います。

色の持つイメージや心理効果とそれに合った仕事とは?

赤は太陽や火の熱く活発なイメージ。勇気、興奮、積極的、愛情、情熱をイメージすることが多いです。エネルギーを感じさせるアクティブな色と言えます。ほかのどの色よりも強い刺激があります。デザイン事務所などの独創的なアイディアを生み出したい部屋に使用すると良いかもしれません。
青は空や海、水といった広大な自然や地球そのもののイメージ。よって体に必要な水と連想させる為、世界的にも人気のある色です。また涼しさ、落ち着き、沈静をイメージさせます。外回りの営業職の方の基地となるオフィスに使用すると良いかもしれません。
緑は五感のなかで嗅覚と繋がる色で香りから安らぎを感じる色とされます。また、木や森などやすらぎやくつろぎ、平静、調和、自然をイメージさせます。賑やかさを感じ陽気な気分になったり、エネルギーと開放感を与えたり、緊張を和らげ力を出せる状態にしたりします。マッサージ店やリラクゼーション関係のお仕事に合うのではないでしょうか。
このように色はそれぞれイメージや心理効果を持つので、オフィスはお仕事に合った色を選びたいですね。

東京都中央区には公共交通機関がいたる所にあり、都内だけではなく地方への移動に適しています。賃貸オフィス 中央区はビジネスには適した地域です。